GIMPの使い方【画像の明るさコントラスト調整】アイキャッチの作り方2

無料ペイントソフト「GIMP(ギンプ・ジンプ)」の使い方!【画像の明るさ・コントラストの調整方法】の紹介です。どんな時に明るさ調節・コントラスト調整が必要なのかの解説も!文字入りアイキャッチ画像を作るために必要なスキルです。

【GIMPのダウンロード・インストール】はこちら
★【画像のリサイズ(拡大・縮小)
★【文字の白抜き(縁取り)】はこちら
【明るさ調整】はこちら→本ページ
★【枠線付け】はこちら

GIMPで明るさを調整する方法

どんな時に明るさ調節やコントラスト調整が必要なの?

コントラストというのは明るさや色の鮮やかさの差を意味します。
強めることでくっきり、鮮やかになり、弱めることで優しい感じの画像になります。

コントラストの強弱・高低でこんなに違いが出ます。
コントラストの強弱(高低)による違い

明るさ調整やコントラスト調整が必要なのは、

★画像が暗すぎてよく見えない時
★画像が明るすぎて色がよくわからない場合
★追加したい文字が、背景のせいでよく見えない場合

などです。

例えば、明るさの足りない場所で撮影した写真などは、明るさやコントラストを調節することではっきり・クッキリした写真画像にすることができます。

写真画像に文字を追加する場合、画像が鮮やかすぎる場合、文字の色も目立たなくなりやすいです。
そんな時には明るさ・コントラスト調整を行いましょう。

明るさやコントラストの調整方法

0、(大事な画像の場合、編集前に間違えて上書きしないように画像ファイルをコピー・バックアップしておきましょう)

1、まずは、明るさ・コントラストを調整したい画像を用意します。

2、上部メニューから【色 > 明るさ・コントラスト(R)】を選びます。
GIMPでの明るさやコントラストの調整方法2

3、明るさ(B)やコントラスト(C)と書いてある部分の、バーをクリックして調節します。
クリックしながら移動すると微調整できます。また、右の「∧∨」をクリックすることでも微調整できます。
GIMPでの明るさやコントラストの調整方法1

★間違えてしまった!やり直したい場合
方法その1:上部メニューの、【編集 > **を元に戻す(U)】
方法その2:【Ctrl + Z】
GIMPで間違えた・やり直したい時【編集>**を元に戻す】または【Ctrl+Z】
きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
wordpress(ワードプレス) YouTube・動画 パソコン環境整備・便利ツール
本記事がお役に立ちましたら他の方にシェアしていただけると嬉しいです!
きよひこのアフィリエイト講座(キヨヒコのアフィリエイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました