AdSense自動広告コード発行と貼付け方!簡単に広告収益アップ!

GoogleAdSense(アドセンス)の自動広告の設定方法の解説。広告コードを発行しヘッダに貼り付ける方法を詳しく紹介。自動広告に切り替えるとほとんどの場合収益がアップします。1つずつ広告コードを貼っていた方やワードプレスのQuickAdSenseやWPQUADSプラグインを使って全ページに貼っていた方におすすめです。

本記事はサイトがアドセンスの審査に通過している方が対象です。まだ審査に通っていない方はこちらの記事を参考にして下さい。
参考:AdSenseでサイトを追加申請する方法!審査期間や自動広告設定についても

AdSenseの自動広告設定方法

アドセンスの自動広告のコードはヘッダーと呼ばれるサイトの <head></head>タグの間に挿入する必要があります。
そこで、

1、まずはヘッダー・ヘッドタグ(headタグ)の間に挿入する方法を見つけます。
見つかったら、
2、アドセンスの管理画面にて自動広告コードを発行し、コピーします。
3、きちんと自動広告が表示されることを確認
4、QuickAdSenseやWPQUADSプラグインの削除

1、ヘッダー・ヘッドタグ(headタグ)の間に挿入する方法を見つける

ヘッダー・ヘッドタグの間に挿入する方法には、サイトテーマの機能を利用する方法と、プラグインを利用する方法があります。
貼り付けられるウィンドウを開いたまま、2の自動広告コードの発行をしてコピーし、1の部分にペースト・貼り付けしてください。

サイトテーマを利用する方法

Cocoonというサイトテーマなら【Cocoon 設定】>【Cocoon 設定】のページの中の【アクセス解析・認証】タブの中の、【その他のアクセス解析・認証コード設定】の下にある【ヘッド用コード】の部分にコードを貼り付けます。

Cocoonというサイトテーマにてヘッダー・ヘッドタグ(headタグ)の間に挿入する方法


賢威というサイトテーマなら【賢威の設定】>【賢威の設定】のページの中の【</head>直前に挿入するコード記入欄】または【ヘッダーコンテンツ】の部分にコードを貼り付けます。
(賢威のバージョンにより、場所が異なります。headやヘッダーを手掛かりにして探してください)
賢威というサイトテーマにてヘッダー・ヘッドタグ(headタグ)の間に挿入する方法1
または
賢威というサイトテーマにてヘッダー・ヘッドタグ(headタグ)の間に挿入する方法2

ワードプレスプラグインを利用する方法

もし、サイトテーマの中に<head></head> タグの間に挿入する機能がなければ、
Head, Footer and Post Injections】などのプラグインを使用します。

Head, Footer and Post Injectionsというワードプレスプラグインを利用する方法1

【プラグイン】>【新規追加】のプラグイン検索窓で「Head, Footer and Post Injections」または「header」などで検索します。

【Head, Footer and Post Injections】プラグインをインストールし、有効化します。

【設定】>【Header and Footer】を開き、【Header and Footer】タブにある、「HEAD PAGE SECTION INJECTION」の【ON EVERY PAGE(全てのページに)】の部分にコードを貼り付けます。

Head, Footer and Post Injectionsというワードプレスプラグインを利用する方法

2、アドセンスの管理画面で自動広告コードを発行する

1にて貼り付ける場所が見つかったら、いよいよ自動広告コードの発行です。

アドセンスの管理画面にログインし、
【広告】>【サマリー】のページにある「広告掲載の自動化」の下にある【コードを取得】を押します。
アドセンスの管理画面で自動広告コードを発行する方法1

ウィンドウが出てくるので、コードをなぞってコピーするか、【コードをコピー】ボタンを押します。
アドセンスの管理画面で自動広告コードを発行する方法2

サイトテーマまたは、プラグインのコード貼り付け部分に貼り付けをし、【保存】や【save】などのボタンを押します(保存し忘れるとコードが挿入されません)。

これで、自動広告の設定が完了です。
アドセンスが自動で一番収益の上がる「広告の種類や場所、広告の数など」を調節してくれます。

3、きちんと自動広告が表示されることを確認

アドセンス広告コードを自動挿入してくれるQuickAdSenseやWPQUADSプラグインの場合は、一度プラグインを停止・無効にしてみて、プラグインなしできちんと自動広告が表示されることを確認します。
きちんと表示されていれば、広告を自動挿入するQuickAdSenseやWPQUADSプラグインを削除してOKです。

手作業で広告コードを入れていた場合、今までの広告コードを貼りつけていない部分にも、きちんと自動広告が表示されていることを確認してください。
手作業で入れていたコードは、削除してもしなくてもOKです(Googleが自動で判断し最適化してくれます)。
また、これから作る記事では自動で最適な位置に最適な数、広告が表示されるので、広告コードを入れる必要がありません。

4、QuickAdSenseやWPQUADSプラグインの削除

無駄な広告コードやプラグインは、サイトの表示速度を遅くします。そのため、できる限り削除するようにしましょう。

QuickAdSenseやWPQUADSプラグインが停止・無効できちんと自動広告が表示されているのであれば、削除してしまいましょう。

きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
Googleアドセンス
kiyohikoをフォローする
きよひこのアフィリエイト講座(キヨヒコのアフィリエイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました