ワードプレスにて保存・バックアップするべきファイルリストと簡単なバックアップ方法、バックアップが必要な理由の紹介です。

操作ミスや、サーバーのトラブル、ワードプレスのバグなどで「投稿記事や画像・音声ファイルなど」が消えてしまうことがあります。
時間をかけて作ったデータの多くをなくさないよう、定期的なバックアップをオススメします。

ワードプレスのバックアップが必要な理由

ワードプレス

★記事データが消えてしまった
★記事を誤って消してしまった(リビジョンもなくなった)
★画像が表示されない
★プラグインが動かなくなった
★ログインできなくなった
★自作プログラムが壊れた

このような場合に備えて、バックアップしましょう。

では、バックアップ・保存するべきファイル(フォルダ)と、データの場所をご紹介します。

ワードプレスでバックアップ保存を検討すべきデータ・項目

バックアップの検討が必要なデータと主なバックアップ方法、データの場所はこちらです。
必ずしもすべて必要というわけではありません。必要に応じてバックアップしてください。

データの種類 主なバックアップ方法 データの場所
★記事データ エクスポート DBデータベース
★画像・音声・動画ファイル FTP public_html/wp-content/uploads
プラグインファイル FTP public_html/wp-content/plugins
テーマファイル FTP public_html/wp-content/themes
その他WP設定ファイル FTP等 public_html/
自作のデータ FTP等 public_html/など
タイトル名などの設定内容 テキストファイル 設定→一般など

この中でとても重要なのは、【記事データ】と【画像・音声・動画ファイル】になります。
データが消えてしまって困る・・・というものは、しっかりバックアップを取っておきましょう。

ワードプレスのバックアップ方法

ワードプレスのバックアップ方法としては、主に2通りあります。

プラグインを利用してバックアップ(簡単でおすすめ)
全データをまるごとバックアップできる「All-in-One WP Migration」や、バックアップのみ楽な「BackWPup」がおすすめ。

★ワードプレスのエクスポート機能+FTPソフト+サーバーのDB管理画面からDBバックアップ(難しいです)

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationは、すごく簡単にバックアップ・復元ができますが、データが小さい場合は無料で復元できますが、
データが大きい場合、復元するためには有料契約が必要となります(プログラムを編集することで無料で復元できます)。
All-in-One WP Migrationでワードプレスサイト簡単移転!プラグイン手順と方法

BackWPup

BackWPupは、バックアップは簡単なのですが、復元機能がありません。復元はFTPソフトを使ったり、DB(データベース)を操作する必要があります。
BackWPupプラグインの使い方と設定~WordPressバックアップ方法と中身

また、サーバーによっては、【自動バックアップ機能】がある場合もあります。
復元が無料の場合と有料な場合があります。ただ、最長1週間分程度しか復元できない場合が多いです。

バックアップ保存したデーターはどこに保存する?

バックアップしたファイルは、パソコン内でもよいですが、
USBや外付けHDDやDVDなどにも保存しておくと、パソコンが壊れても安心です。
DropBox、Googleドライブなどのオンラインストレージを使うという手もあります。

個別にデータをバックアップする方法

「記事データ」のバックアップ

記事データはWebサーバーの「データベース」に保存されています。

ワードプレスのエクスポートを使う方法とプラグインを使う方法、DBを直接操作してバックアップするなど色々な方法があります。

簡単なのは、ワードプレスのエクスポートを使う方法とプラグインを使う方法です。

★ワードプレスの機能を使う方法
管理画面の左のメニューの「ツール」→「エクスポート」で開かれる画面で、
全てのコンテンツにチェックが入っているのを確認し、
「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンを押します。

ワードプレスのメニューの【ツール】→【エクスポート】を選びます。
WordPress付属エクスポートインポート何が移る?サイトバックアップ移転に使える?18

【すべてのコンテンツ】を選び【エクスポートファイルをダウンロード】
WordPress付属エクスポートインポート何が移る?サイトバックアップ移転に使える?17

すると、ダウンロードが始まります。
WordPress付属エクスポートインポート何が移る?サイトバックアップ移転に使える?16

ダウンロード場所に、【wordpress.20XX-XX-XX.xml】というXMLファイルが作られます。
WordPress付属エクスポートインポート何が移る?サイトバックアップ移転に使える?15

このファイルはデータの復元に必要なので大事に保存しておいてください。
ダウンロードファイルの保存場所はどこ?調べ方探し方と保存先の変更方法

ワードプレスに設定した、設定項目をテキストに保存

テキストファイルやワード文章などを用意し、設定内容をどんどん貼り付けます。
ワードプレスインストール時に設定項目が残してあれば、そこに追加していくのもよいでしょう。
バックアップを復元する時以外にも、今後新しいサイトを作る場合にも役に立ちますよ!


ワードプレスのバックアップの取り方!保存すべき項目と簡単な方法1

【設定】→【一般】
★サイトタイトル
★キャッチフレーズ(サイト説明)
★WordPress アドレス (URL)
★サイトアドレス (URL)
★メールアドレス


【設定】→【メディア】(メディア設定をした場合)
★サムネイルのサイズの幅
★サムネイルのサイズの高さ
★中サイズの幅の上限
★中サイズの高さの上限
★大サイズの幅の上限
★大サイズの高さの上限


【設定】→【パーマリンク設定】
★どのパーマリンクを選んでいるか。
カスタム構造の場合は、アドレスも保存。
例:「/%post_id%.html」


ワードプレスのバックアップの取り方!保存すべき項目と簡単な方法3

【プラグイン】→【インストール済みプラグイン】
★必要なプラグイン名をすべてコピペする


ワードプレスのバックアップの取り方!保存すべき項目と簡単な方法4

【外観】→【テーマ】
★必要なテーマ名を控えておく


ワードプレスのバックアップの取り方!保存すべき項目と簡単な方法5

【ユーザー】→【ユーザー一覧】
★いつもログインするユーザ名とパスワード
忘れた場合は、ユーザ名の下の編集から、新しくパスワードを生成して設定する。

FTPソフトで画像などのメディアファイルとプラグイン・テーマを保存

では、残りの項目をFTPソフトにてバックアップしていきます。
無料のソフトであれば、Windwosの場合は「FFFTP」、Macの場合は「Cyberduck」または「FileZilla」がおすすめです。

FTPの接続に必要な情報は、サーバー契約時にメールで送られてきたり、画面に表示されたと思いますが、
もし手元にない場合は、サーバーにログインして、FTPと書かれている項目を押すと情報が表示されると思います。

画像・音声・動画ファイル FTP等 public_html/wp-content/uploads プラグインファイル FTP等 public_html/wp-content/plugins テーマファイル FTP等 public_html/wp-content/themes その他WP設定ファイル FTP等 public_html/

FTPソフトで画像などのメディアファイルとプラグイン・テーマを保存

時間がかかりますが、public_htmlにあるファイル・フォルダを全部バックアップしてもよいでしょう。

私の場合は、
1年に1度程度、全体バックアップ、3か月に1度程度、部分バックアップを行っています(「記事」と「画像・音声・動画ファイル」)。
また、重大な更新や特殊なプラグインを使う場合にも「記事」と「画像・音声・動画ファイル」をバックアップしています。


以上で、必要最低限のワードプレスの設定項目を解説いたしました。
何かのお役に立てば幸いです。

きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
年収100万円稼ぐノウハウが身に着く!
きよひこメルマガ講座登録はこちら
お名前(ニックネーム可):
メールアドレス: