windows10デバイスマネージャーを開く方法・開き方・表示方法いろいろ5通りご紹介

windows98・98SEやwindows7・windows8などから、がらりと変わったWindows10のデバイスマネージャーの開き方をお伝えします。
デバイスマネージャーの開く方法・表示方法は、何とおりもありますが、今回は5通りお伝えします。

また、ウィンドウズのバージョンによっては、できる方法とできない方法があります
ぜひとも自分のウィンドウズバージョンでできる、自分が簡単な方法をお使いください!

もし、余裕のある方は色々な方法を覚えておくと、今後バージョンが変わった時にも対応できますよ!

★デバイスマネージャーを【直接開く方法】と、
★【コントロールパネルを経由して開く方法】
があります。

まずは、直接開く方法・開き方を解説します。

最終的に、この「デバイスマネージャー」の画面を開きます。
デバイスマネージャー

その1:キーボードのウィンドウズキー+Xキーの同時押しから表示(ショートカットキー)

キーボードの【ウィンドウズキーを押しながら】+【Xキー】を押すことで、
出てくる「システム管理メニュー」の中にある「デバイスマネージャー」を選びます。

windows10のデバイスマネージャーの出し方(キーボードのウィンドウズキー+Xキーの同時押しから)

その2:画面のウィンドウズボタン(スタートボタン)を右クリックして表示

画面のウィンドウズボタン(スタートボタン)の上で、右クリックすることで、
出てくる「システム管理メニュー」の中にある「デバイスマネージャー」を選びます。

windows10のバージョン・アップデートによりウィンドウの表示が違う場合もあります

デバイスマネージャーの開き方・表示方法。windows10のバージョンによりメニュー表示が違う時も

デバイスマネージャーの開き方windows10のバージョンにより表示方法が違う場合が

その3:Windows PowerShell(コマンドプロンプト)からコマンド入力して表示

ウィンドウズボタン(スタートボタン)を押し、「すべてのアプリ」からアプリの一覧を表示して、
ずっと下のほうにある、「Wの項目」にある、
「Windows PowerShell」の中にある「Windows PowerShell」を選びます。
★ディスプレイのウィンドウズボタンの右の「WebとWindowsを検索」窓から【Windows PowerShell】を検索してもOK

出てきた、Windows PowerShellに、以下のコマンドのどちらかを入力します。

★「 devmgmt.msc 」
★「 mmc devmgmt.msc 」

通常、mscファイルは単体で指定しても、コマンドできちんと実行されます。
実行されない場合は、「コマンドの実行を行うコマンド」mmcとスペースを付けて下さい。

デバイスマネージャーの表示方法~Windows PowerShell(コマンドプロンプト)からコマンド入力して表示

その3:ディスプレイのウィンドウズボタンの右の「WebとWindowsを検索」窓からコントロールパネルを検索して表示

ディスプレイのウィンドウズボタンの右の「WebとWindowsを検索(Windowsを検索)」とかかれた窓に「こんと」と入力して、
コントロールパネルを検索します。出てこなければ「コントロールパネル」まで入力してください。

ディスプレイのウィンドウズボタンの右の「windowsを検索」窓からコントロールパネルを検索

この方法はいろいろなファイルやアプリを見つける時にも便利ですよ!

その4:PC(マイコンピュータ)アイコンを右クリックし、管理を選び、デバイスマネージャーを表示

実は、コンピューターの管理からもデバイスマネージャーへアクセスできます。

★1:PC(マイコンピュータ)アイコンを右クリックしてメニューを開きます

★2:管理(G)を選び、コンピューターの管理を開きます。

★3:コンピューターの管理のシステムツールの中のデバイスマネージャーをクリックします。

PC(マイコンピュータ)アイコンを右クリックし、管理を選び、デバイスマネージャーを表示

その5:コントールパネルの中からデバイスマネージャーを開く方法・開き方(表示方法)

コントロールパネルからもデバイスマネージャーを開くことが出来ます。

まず、コントロールパネルを開きます。
開き方はたくさんありますので、こちらのページを参考にして下さい
ウィンドウズ10のコントロールパネルがない!開き方表示方法5選~windows10Updateで消えた場合の対処法

コントロールパネルでは、右上に表示方法が書いてあります。

windows10コントロールパネルの右上の表示方法(カテゴリ・大きいアイコン・小さいアイコン)

それぞれの表示方法により、デバイスマネージャーの表示方法・開き方が変わってきます。

コントロールパネルが「カテゴリ表示の場合」のデバイスマネージャーの開き方

カテゴリの場合は、2段階の方法が必要となります。

★まず、ハードウェアとサウンドを選びます。

コントロールパネル5表示方法がカテゴリの場合のデバイスマネージャーの表示方法1ハードウェアとサウンドを選ぶ

★次に、デバイスマネージャーを選びます。
コントロールパネル6表示方法がカテゴリの場合のデバイスマネージャーの表示方法1ハードウェアとサウンドからデバイスマネージャーを選ぶ

コントロールパネルが「大きいアイコン表示の場合」のデバイスマネージャーの開き方

大きいアイコン表示の場合は、既にデバイスマネージャーが表示されているので、クリックします。
コントロールパネル3表示方法が大きいアイコンの場合のデバイスマネージャーの表示方法

コントロールパネルが「小さいアイコン表示の場合」のデバイスマネージャーの開き方

小さいアイコン表示の場合も、既にデバイスマネージャーが表示されているので、クリックします。
コントロールパネル4表示方法が小さいアイコンの場合のデバイスマネージャーの表示方法


余裕のある方は、全部の方法を覚えてしまいましょう。

windows95からwindows98、windows98SE、windowsmeやwindows2000などを経て
windows7、windows8、windows10となり、操作方法や設定の場所などが変わってきましたが、
色々な方法を覚えておくと、今後バージョンアップされた場合にも、自分で見つけられる
可能性が高くなりますよ!

何かしらのお役に立てましたら幸いです。

きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
年収100万円稼ぐノウハウが身に着く!
きよひこメルマガ講座登録はこちら
お名前(ニックネーム可):
メールアドレス: