新規ドメインの過去使用履歴・ブラックリストチェック方法

新しくサイト・ブログを作る際に重要な、新規ドメイン取得時過去使用履歴・ブラックリストチェック方法の解説です。

ドメインの取得方法についてはこちらをご覧ください。
お名前ドットコムでの独自ドメイン名検索・新規登録・取得方法

なぜドメインの過去使用履歴・ブラックリストチェックが必要なの?理由

新規ドメインと言っているのに、なぜ過去使用履歴・ブラックリストチェックが必要なのでしょうか。

それは、他の人が過去に使っていてドメイン自体に悪い評価がついている可能性があるからです。

良くないドメインの過去使用歴の一例として、

★ドメインを利用してスパムを大量に送信した
★サイトを他者に迷惑がかかる方法で宣伝した
★過去に違法サイト・アダルトサイトを運営していた
★過去に詐欺商品を販売していた
★コンピューターウィルスが含まれるサイトを運営していた
★アフィリエイトサイトとして、使用されていた

などがあります。


「このサイト危険なので注意して下さい!」とリンクされていたり、
掲示板に悪いサイトであると書かれている場合も
あります。

そしてなにより一番きついのが、グーグルなどサーチエンジンからのマイナス評価です。

ドメイン自体が悪いサイトと判断されており、
検索順位を落とされたり、検索結果にすら表示されないといった事態にも
おちいる場合がある
からです。

また、世界にはいくつものサイトの「ブラックリスト」を作成・情報提供しているサイトがあり、
そのブラックリストを利用して、サイトを表示したりする際に「危険なサイトである」と
警告を出すこともあります。

これらのマイナス評価、ブラックリストは本来、ドメインの所有者が変わった時点でリセットされるべきですが、
新規ドメイン取得時にリセットされない場合が多いのです。

グーグルの検索順位対策として、いまだに中古ドメインの被リンクも効果があることからも、
過去の運営歴・被リンクなどはなかなかリセットされないことが多いことを裏付けています。

そこで、ドメインを取得する前にチェックが必要なのです。

では、早速チェックを行っていきましょう。

チェックほぼ必須なのは、
★Internet Archive Wayback Machineでの過去の使用歴チェック
★Worldwide URI black list check 世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック
です。

Internet Archive Wayback Machine~過去の使用歴をチェック

★1:まずはInternet Archive Wayback Machineにアクセスします。
今後調べる際は「Internet Archive」「Wayback」などで検索すればOK
新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法1

「Enter a URL or words related to a site’s home page」
部分に、サイトのアドレスや、ドメイン名等を入力し、エンターキーを押します。


新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法2

すると、過去使用歴があれば、グラフとカレンダーが現れます。

グラフで、間が空いていれば、所有者が変わった可能性があります。

そして、カレンダーの●丸がついている日をクリックすると、
その過去の日のサイトの様子が分かります。


新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法3

年をクリックで、その年に飛ぶことが出来ます。
頻繁に更新していると、●丸が多いです。では、クリックしてみましょう。


新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法4

●丸を押してみると過去のサイトの内容が出ますが、
アダルトサイトや違法サイト、変なサイトならNG!
取得するのはやめたほうが無難です。

大丈夫な場合はどんな時?

●丸を押してみて、全くグラフやカレンダーが出ない場合が大丈夫です。

Hrm.

Wayback Machine doesn’t have that page archived.
Want to search for all archived pages under fafdadsa.com?

と出る場合は、過去の運用歴がないか、全くページが取得されていません
とりあえずこのチェックでは大丈夫そうです。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法5


また、グラフが出ていた場合でも、ある程度経験のある方で、きちんとクリーンなドメインであると見極められるなら取得しても良いでしょう。その際は被リンクなどもチェックする必要があります。


ブラックリストチェック~過去の使用歴をチェック

ドメイン名を入力してみて、どの項目もブラックリスト状態が「SAFE」や「登録されていません」ならOKです。

Worldwide URI black list check 世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

ドメイン名を入力してボタンを押して検索してみます。
Worldwide URI black list check 世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

全て「登録されていません」ならOKです。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法6

DNSBL Information – Spam Database and Blacklist Check~世界のブラックリストチェック2

このサイトもしっかりブラックリストチェックをすることが出来ます。
DNSBL Information – Spam Database and Blacklist Check

調べるには、上部のQuick Blacklist Checkの右にあるフォームに、調べたい取得したいドメイン名を入力し、
「CHECK THIS IP」ボタン
を押します。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法12

すると、検索が行われます。

・赤色がなければOKです。
・一部赤でしたらNGブラックリスト入りですので避けた方が無難です。
・青色の場合はたまたま調査できなかったということ
になりますので再度テストしてみて下さい。
・灰色の場合はメンテナンス中かサービスが停止されています

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法13

Google のセーフ ブラウジング

ドメイン名を入力してボタンを押して検索してみます。
Google のセーフ ブラウジング

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法7

データがありません。ならOKです。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法8

また、
安全ではないコンテンツは見つかりませんでしたでもOKなのですが
他者利用ドメインの可能性があるので注意が必要です。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法9

aguse怪しいサイトをアクセス前に事前にチェック

aguseは、怪しいサイトをアクセス前に事前にチェックすることもできます。
ただ、このサービス、ドメイン取得後でないとチェックできないことが多いです。

aguse
ドメイン名を入力してボタンを押して検索してみます。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法10

全て「〇SAFE」ならOKです。

新規ドメイン取得時の過去使用履歴ブラックリストチェック方法11


参考:
お名前ドットコムでの独自ドメイン名検索・新規登録・取得方法

きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
年収100万円稼ぐノウハウが身に着く!
きよひこメルマガ講座登録はこちら
お名前(ニックネーム可):
メールアドレス: