ContactForm7メールフォームのインストール設定方法(WordPressプラグイン)

ワードプレスの定番【お問い合わせメールフォームプラグイン】の【Contact Form 7】のインストールと設置・設定方法について解説します。

メールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法についても解説します。

以前のHTML形式のサイトでしたら、CGI・PHP、レンタルメールフォームなどを利用する必要がありました。ワードプレスなら、プラグインをインストールして有効化するだけで広告もついていないメールフォームが簡単に設置できるので、とても便利になりました。

迷惑メール・スパムをある程度防ぐ、簡単な設定方法についてはこちらの別ページにて解説しております。
ContactForm7のフォームで迷惑メール・スパムを防ぐ方法(WordPressプラグイン)

Contact Form 7プラグインのインストール方法

0、ワードプレス管理画面の、【プラグイン】→【新規追加】
1、キーワード入力欄に、【Contact Form 7】を入力。
2、山の絵の「ContactForm7」の横の【今すぐインストール】を押す
3、【有効化】ボタンを押して有効化します。

プラグイン→新規追加を選びます。

Contact Form 7プラグインのインストール方法。Contact Form 7を入力しエンター、インストール、有効化

Contact Form 7プラグインのインストール方法。Contact Form 7を入力しエンター、インストール、有効化2

これで、メニューの左に【お問い合わせ】が出るはずです。

出ていなければ、メニュー→プラグイン→Contact Form 7から有効化して下さい。

WordPressメールフォームプラグインContact Form 7の設定方法

お問い合わせ>新規追加を押して出てくる画面の
コンタクトフォームを追加の下に
「 お問い合わせはこちらへ 」のように入力し
下にある「保存」ボタンを押します。

Contact Form 7の設定方法

「コンタクトフォームが作成されました。」と表示されたら、
・・・
【このショートコードをコピーして・・・】の下にある、

[contact-form-* id=”**” title=”お問い合わせはこちらへ”]

の部分をコピーしてください。
(ID部分は人それぞれです。上のコードは使えません)

Contact Form 7の設定方法2

左メニューの
固定ページ>新規追加を押し、

メディアを追加」ボタンのだいぶ右のほうにある、ビジュアル・テキストのうち、
テキスト」を選びます。

そして、下にある、大きな投稿フォームに、
先程コピーした、コードをはり付けます。

Contact Form 7の設定方法3

その前の行に「お問い合わせはこちらにお願いします。」等と書いてもOKです。

例:(↓これをコピーしても使えません。)

お問い合わせはこちらにお願いします。
[contact-form-* id=”**” title=”お問い合わせはこちらへ”]

そして、ページ上の方にあります、
新規固定ページを追加の下の、「ここにタイトルを入力」部分に、
お問い合わせはこちらへ
と入力します。

(こちらはやってもやらなくても大丈夫です)
入力欄以外の部分をカチっとクリックすると、
タイトルの下に、「パーマリンク:http://****.com/お問い合わせはこちらへ」
が出現しますので、「編集」ボタンを押して、
アドレス部分を「otoiawase」に変更します。
問い合わせフォームのパーマリンクアドレス変更

公開」ボタンを押します。

これで、お問い合わせフォームの作成が完了です。

Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法

これまでで、最低限のメールフォームの設置が完了しました。
もうちょっと色々変更したい!という方は、細かい設定を変えていきましょう。

1、WordPress管理画面で【お問い合わせ】→【コンタクトフォーム】を選びます。
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法1

2、編集したいフォームタイトルの下の【編集】を押します。
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法2

3、上の【フォーム】タブにて、メールフォームの表示内容を変更できます。

設定を変更した後は、必ずしたか右にある【保存】ボタンを押して下さい
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法8

【フォーム】タブの変更項目

【フォーム】では、お名前(必須)や、メールアドレス(必須)、題名、メッセージ本文といった部分の変更が可能です。
(その他の部分は分かる方以外は編集しないで下さい。正常に機能しなくなります)
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法3
↓↓↓↓↓↓
例えば、【メッセージ本文】の部分を、【お問い合わせ内容】に変更したりできます。
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法4

フォームの上にある【テキスト】【メールアドレス】【URL】といったボタンを押すと、
専用のフォームを用意することが出来ます。
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法5

(わからない部分は触らないようにして下さい。わかる部分だけ編集をして下さい。)
★【項目タイプ】の必須項目にチェックを入れると、入力必須にすることができます。
★【名前】部分は、フォームに名前をつけられます。
★【デフォルト値】は、はじめから入力しておきたい内容を入れます。
★【Akismet】は、迷惑メール対策として、投稿者名を入力させる場合にチェックします。
★【ID属性・クラス属性】は、スタイルシートを使い、表示を変えたりする場合に設定します。

【メール】タブの変更項目

【メール】では、メールフォームに入力された内容の送信先(送り先)や送信元(送り主)のメールアドレスを変更したり、メールタイトル、ヘッダーへの追加内容、メッセージ本文などを変更することが出来ます。
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法6

(わからない部分は触らないようにして下さい。わかる部分だけ編集をして下さい。)
★【送信先】には、初期値でワードプレスに設定のメールアドレスが入力されていますが、
異なるメールアドレスに送りたい場合には変更します。
★【送信元】は、必要に応じて変更します。
★【題名】は、受け取るメールのタイトルを変更します。
★【追加ヘッダー】は、必要に応じて変更します。
★【メッセージ本文】は、受け取るメールの内容を変更します。
自分が読みやすい形に整形しても良いでしょう。
ただし、誤ってタグを修正しないように気を付けて下さい。

【メッセ―ジ】タブの変更項目

【メッセージ】では、メール正常送信、失敗時などに表示のメッセージを変更できます。
そのままでも良いと思いますが、お好みの文言に変更しても良いでしょう。
Contact Form 7のメールフォームの文章の変更やメールの送信先変更方法7

【その他の設定】タブの変更項目

こちらは、通常は変更の必要はありません。
メンテナンスやデバッグ用、特別なモードにする場合などに使用します。
(お知りになりたい方は、詳しくは【その他の設定】部分のリンクを押して下さい。)


これでワードプレスにメールフォームを追加することができました。

もし、迷惑メール・スパムが多くなってきたら、
こちらのページにて解説している迷惑メール対策をしましょう。
ContactForm7のフォームで迷惑メール・スパムを防ぐ方法(WordPressプラグイン)

きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
年収100万円稼ぐノウハウが身に着く!
きよひこメルマガ講座登録はこちら
お名前(ニックネーム可):
メールアドレス: