2017年7月最新版Googleアドセンス審査期間や時間と申請方法の流れ

2017年6月に合格した経験をもとに2017年7月最新版の「Googleアドセンス審査期間や審査時間と申請方法の流れ」についての解説です。審査が長い場合の対処法についてもお伝えします。
コードの貼り付けには、ヘッダーにコードを挿入できるプラグイン「Head, Footer and Post Injections」を使いました。

2016年には1次審査・2次審査があったりなくなったりしましたし、2016年より独自ドメインが必須化されました。
2017年6月現在は、審査が簡略化され、1次審査はありません。独自ドメインが必要なのは変わりません。


2017年7月最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法や審査期間1

まず、登録申請手続きを行う前に、ある程度しっかりしたブログを作成しておく必要があります。
Googleアドセンス審査用ブログは必要なの?必要な理由と作り方
もちろん、アドセンス規約的にOKな本気ブログ(本番用のブログ)でもOKです。

結論から申し上げますと、2017年6月・7月現在であっても、
きちんとしたコンテンツを作成していれば合格できる!
ということが改めてわかりました。
Googleアドセンス審査用ブログ具体的な作り方~WordPress初期設定・記事投稿
Googleアドセンス審査用ブログ用ドメインの選び方~おすすめの種類は?安くて大丈夫?

最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法

2017年7月の最新版Googleアドセンス登録申請から合格するまでの手続き方法はどんな感じなのかを見ていきましょう。

Googleアドセンス審査の流れは?期間や手順

まず、ドメインを取得し、ワードプレス設置、コンテンツ作成、サーチコンソールへの登録まで当日1日で済ませました。
そして、当日の2017年6月1日にGoogleアドセンスに登録申請をしました。

★ドメイン取得し、記事を投稿してアドセンス審査用ブログ・本気ブログを作成

★グーグルサーチコンソールへの登録

★グーグルアドセンスホームページへアクセス

★ウェブサイト(ブログ)の登録

★支払い先住所の詳細「住所氏名、電話番号など」を入力して登録申請

★電話番号の確認(電話番号認証)

★ブログサイトにコードの貼り付け(2017年6月現在1次審査・2次審査区別なし

★コードを貼り付けて完了ボタンを押す(ここまですごく頑張れば1日でできます)

★グーグルによる審査

(今回の審査期間は15日間、ほぼ2週間でした。不定期記事更新)

★合格または不合格通知

という流れでした。

とても過酷な条件での申請でしたが、一発合格でした。

Googleアドセンス審査用ブログの過酷な条件とは?

2016年までで更新が止まっているブログサイトに書いてある、
グーグルアドセンスの審査を通過するための条件を見て、
これって、別に問題ないのでは?と思ったことを徹底的に実行しました。

xyzドメインから、無料サーバー、毎日更新の原則を破り、画像や外部リンクも利用しました。

具体的にはこんな感じです

★ドメインは通りにくいと噂のxyzドメイン
★無料のエックスドメイン無料サーバー
★記事更新は、1日に一気に10記事。
★更新は、毎日更新ではなく、翌日2記事、4日後1記事、10日後1記事、15日後1記事。
★今まで使わないことが推奨であった画像も利用・・・要注意
★今まで使わないことが推奨であった外部リンク・・・要注意

この中で、画像と外部リンクについては、最新の注意を払い利用しています。
規約違反になりやすい部分ですので注意してください。

もちろん

著作権違反や違反になりそうな画像はNG
規約違反していたり、グレーなサイトへはリンクNG

です。

サイトの登録申請手続き(1次審査?2次審査?)

お申し込みはこちらまたは、ログインを押します。
2017年7月最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法や審査期間2

グーグルアドセンスのページへ行き、サイトの登録を行います。

グーグルアカウントでログインしていない場合は、ログイン画面となります。

ログインが済むと、このような1次審査?申込みフォーム?が現れます。
2017年7月最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法や審査期間3

お客様のウェブサイトという部分に、
サイトのURLを入力します。

パスやサブドメインは利用できないと注意が出ます。

2016年より、アドセンスの申請には【独自ドメイン】が必須となってしまったのです。

2017年7月最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法や審査期間4

パスというのは、ドメイン名の後のスラッシュの後にフォルダがあったりする例。
例えば【http://yahoo.com/adsense/】です。

サブドメインというのは、ドメイン名の前に、【英数字.】が付いたもの。
例えば【http://adsense.yahoo.com/】です。


OKな例
〇http://yahoo.com/
〇http://www.yahoo.com/

だめな例
×http://yahoo.com/adsense/
×http://adsense.yahoo.com/


自分のアカウントに合わせたヘルプや提案に関するメールを受け取るか受け取らないかはお好きな方を選び国を選び
下にある、はい、利用規約を確認し、内容に同意します。にチェックを入れて、
「アカウントを作成」ボタンを押します。

サイトの登録申請手続き(1次審査?2次審査?)

支払い先住所の詳細「住所氏名、電話番号など」を入力して登録申請

住所氏名・電話番号など、支払い先住所の詳細を入力して登録申請します。

2017年7月最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法支払い先住所の詳細入力5

電話番号の確認(電話番号認証)と確認コードの入力

電話番号の確認(電話番号認証)を行います。

前の画面で入力した番号が入っていると思います。
もし違う番号で認証を行いたい場合は変更します。

+81 に続いて、先頭の0を取った番号を入力します。
090-0000-0000の場合は、【+81 90-0000-0000】となります。

(実はこれ、国際電話番号と一緒なのです。)

確認コードの送信方法の選択の部分では、どちらか選びます。
★ショートメッセージサービス(SMS)・・・ショートメールにて番号が届きます。
★通話・・・音声にて確認コードが読み上げられます。

「確認コードを送信」ボタンを押して下さい。
2017年7月最新版Googleアドセンス登録申請手続き方法Googleアドセンス登録申請手続き電話番号の確認(電話番号認証)6


このGoogleから届いた6桁のコードを入力してください画面に、
SMSまたは通話にて届いた、確認コードを入力します。

Googleから届いた6桁のコードを入力してください画面。

ブログサイトにコードをコピーして貼り付ける

Googleアドセンス登録申請手続きブログサイトにコードの貼り付け

次の画面では、コードが表示されますので、
<head>タグのすぐ後ろに貼り付けます】→とありますが、すぐ後ろでなくても大丈夫です。
<head>と、</head>の間で大丈夫です。

テーマを編集する方法や、プラグインを使う方法などありますが、
今回はプラグイン「Head, Footer and Post Injections」を使う方法を行いました。
もちろん他の方法・プラグインでも構いません。

プラグイン→新規追加で、このプラグイン名「 Head, Footer and Post Injections 」を検索してください。
header and footer」でも出てくるはずです。

インストールして、有効化した後、
設定>「Header and Footer」>「Header and footer」タブの、
section injectionの、「Every page(すべてのページ)」
の下に、
Googleアドセンスのページに表示されている
アドセンスのコードを貼り付けます。

ブログサイトにコードをコピーして貼り付ける

ブログサイトのソースを見て、コードが挿入されているか確認する。

ワードプレス管理画面の上にある、「家」マークか、自分のブログサイトのタイトルにカーソルを合わせ、
サイトを表示を選びます。

ページが表示されたら、右クリックメニューからソースの表示を選びます。
(ウィンドウズであれば、Ctrl+Uで表示される場合もあります。)

<head>と、</head>の間に、貼り付けたコードが挿入されているか確認してみて下さい。

ソースコードで「adsbygoogle」や「google_ad_client」などを検索してみるのも良いでしょう。

Googleアドセンスに戻り、コードを貼り付けて完了ボタンを押す

Googleアドセンスに戻り、
「自分でサイトにコードを貼り付けたか、コードの貼り付けをメールで依頼しました」にチェックを入れ、
「完了」ボタンを押します。

更新したりして気長に待つ

この画面が出たらあとは、気長に審査結果を待つだけです。
Googleアドセンス登録申請手続き更新したりして気長に待つ

通常3日間と書いてありますが、審査の混雑状況やサイトの状況などにより変わります。

1日で終わる場合もあるようですし、長いと1か月2か月かかる場合もあるようです。

2017年6月の今回は約2週間、15日かかりました。

長い場合(3週間程度)応答がない場合の対処法

Googleアドセンスの審査は、2週間位はかかると思っていただくと良いと思います。

どうしても審査が長いなと感じた場合は、
★ブログを時々更新するのと、
★アドセンスのコードがきちんと張り付いているか、ソースコードの確認
を行ってください。

Googleアドセンスにログインして、画面が変わっていないか確認するのも良いですし、
ヘルプを見返すのも良いです。

グーグルアドセンスの審査結果「合格または不合格通知」

Googleアドセンス登録申請手続き合格または不合格通知が届きます。

今回、15日経ったところ、審査結果合格のメールが届きました。

2017年6月16日現在のメールのタイトルは
お客様のサイトが AdSense に接続されました」になります。
2017年7月現在、若干メールタイトルが変わっている可能性もあります。

グーグルアドセンスの審査結果「合格通知」


不合格の場合はこんな画面メールが届きます。

2014年11月21日当時のメールのタイトルは、「Google AdSense アカウント のステータス」でした。
2017年7月現在、若干メールタイトルが変わっている可能性もあります。
グーグルアドセンスの審査結果「不合格通知」

そして、メールに不合格だった理由が書いてあります。
「不十分なコンテンツ」と出た場合は、
もっとしっかりしたコンテンツを増やして再審査を依頼しましょう。

別の理由であっても、その理由に該当する箇所を訂正して再審査を依頼しましょう。

再審査依頼方法ですが、今回行った作業を再び行います
ただし、同じメールアドレスとパスワードを使用するようにして下さい。

関連記事:
Googleアドセンスとは?特徴と稼ぎ方、手順や1クリック単価はいくら位?
Googleアドセンス審査用ブログは必要なの?必要な理由と作り方
Googleアドセンス審査用ブログ具体的な作り方~WordPress初期設定・記事投稿
Googleアドセンス審査用ブログ用ドメインの選び方~おすすめの種類は?安くて大丈夫?

きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
年収100万円稼ぐノウハウが身に着く!
きよひこメルマガ講座登録はこちら
お名前(ニックネーム可):
メールアドレス: