AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法

本ページでは、AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法について解説していきます。

ワードプレスのアドセンス広告コード自動挿入プラグインといえば、Quick Adsense!だったのですが、
突然姿を消しましたなくなった!どうしよう…という方も多かったようですが、
AdSense Plugin WP QUADSというプラグインにしっかり継承・復活・復刻していました。

AdSense Plugin WP QUADSは、新しいワードプレスのバージョンでもテストされて互換性もあり、評判も上々です。

Quick Adsenseとの違い

Quick Adsenseとの違いですが、
★WP QUADSはコードの位置の設定とコード貼付けページが分離されているのと、
★設定のインポート・エクスポートが出来る
★PRO(有料版)モードがある。
点です。

・コードの貼付けページが2ページに分かれてしまったのはちょっと残念です。ページ切り替えが面倒です。
・設定のインポート・エクスポートはうれしいです。1サイト設定すれば他の複数サイトでも読み込めるからです。
貼り付け位置を読み込んで、あとはコードをサイトに合わせて貼付け直すだけでよいですね。
・PROモードは必要ないような気がします。

Quick Adsenseとほとんどそっくりなので、Quick Adsenseになじみのある方はすぐに設定できると思います。


では、早速「AdSense Plugin WP QUADS」をインストールしていきましょう。

AdSense Plugin WP QUADSプラグインのインストール方法と有効化

では、まず、ワードプレスのダッシュボード・管理画面にログインします。

メニューから「プラグイン>新規追加」と選び プラグインの検索に、

AdSense Plugin WP QUADS

を入力します。長いのでコピペ(コピーして貼り付け)しましょう。

もし手入力するなら

WP QUADS

でも出てきます。

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法1

そして、AdSense Plugin WP QUADSの横にある「今すぐインストール」を押し、「有効化」を押します。

これで、無事インストールと有効化をすることができました。

次は設定をしていきます。

AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の設定方法・使い方ですが、

左メニューの下のほうに「WP QUADS」が追加されます。

「WP QUADS」>「Ad Settings」を押すと色々設定を行うことが出来ます。
(その下のGet WP QUADS PROというのは、有料版用のメニューです。)

上部に、

WP QUADS 1.5.2:Install WP QUADS PRO・・・

(PRO版の宣伝)が出ますので、「CloseNotice」を押して閉じます。

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法2

では、広告コードの設定からです。

Googleアドセンス等の広告コードを「ADSENSE CODE」に貼り付ける

★まずは、設定方法を画像にてお伝えします。詳しい解説は下にて。
AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法4

初期状態で「GENERAL&POSITION」タブになっていますが、
まずは広告コードがなくては始まりませんので、
「GENERAL」>「ADSENSE CODE」を押します。

「Open All Ads」を押すと貼り付けるフォーム全てがオープンします。

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法3

Ad1~Ad10まで、上から順番に広告コードを入力します。(順番でなくてもOK)

その際、どこにどの広告コードを貼ったのか覚えておくと良いでしょう。
Ad*の入力フォームにて、Plain Text/HTML/JSにチェックを入れて、
その下のフォームに、Googleアドセンスから取得した広告コードを貼り付けます。

Googleアドセンス広告コード発行とWordPressブログへの貼り方8

後の設定で、何番の広告をどこに・・・というように考えながら設定する必要があるので、
何番にどんな広告を入れたか覚えておくか、メモしておくと良いでしょう。
ちなみに、変更を保存ボタンが押してあれば、設定中にもタブ切り替えで見直すことが出来ます。

もし、必要でしたら上部などに「広告」または「スポンサーリンク」を挿入してください。

例えば、

広告 または スポンサーリンク
アドセンスの広告コード

という形になります。

その下のLayoutでは、広告の位置を決められます。

自動・おかませ(Default)か、左寄せか、真ん中か、右寄せ

を選べます。選ばなくてそのままでも良いです。

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法6

また、
Marginでは、広告の周りの余白マージンが設定できます。
ピクセル数を入力しましょう。迷ったら入力なしでOKです。


その下は、Proモード(有料モード)のみの設定項目となります
端末の画面の大きさによって、無効化したり出来るようです。

★必ず、下にある「変更を保存ボタン」を押します。

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法5


では、挿入した広告をどこに表示するか設定していきましょう。

一般設定や広告コードの位置などを決める

次は「GENERAL」>「GENERAL&POSITION」にて、広告の位置などの設定を行います。

まずはおすすめの設定方法を画像にてご紹介します。詳しい内容は下にて解説しています。

AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法7

「Limit Amount of ads:」広告の数に関する設定

□ ads on a page.

は、ページに、最大いくつまで広告コードを挿入するかの設定です。

よく分からない方は3~6あたりを選びましょう。

★ただし、4以上を設定する方は、注意が必要です。Position(広告の位置)をしっかり適切に設定して下さい。最悪アドセンス規約違反となります。

以前はGoogleアドセンスは規約で広告数が1ページ3個まででしたが、現在数の制限が撤廃されていますので、
3より多くの広告数を設定可能となったのですが、文章などのコンテンツより広告が多くなると規約違反になるので注意が必要です。
以降の設定にて適切に設定(間隔が狭すぎない・広告がメインにならない)する必要があります。

ちなみに、以前Quick Adsenseにて設定したサイトをお持ちの方は、数や位置の設定など見直すと収益が上がると思いますよ!

「Position :」広告の位置に関する設定

上から順番に、

1、記事の上部
2、記事の中央
3、記事の下部
4、moreタグを挿入した場所
5、最終段落の前
6、指定した段落の後ろ・指定数段落がない場合は最終段落
7、指定した段落の後ろ・指定数段落がない場合は最終段落
8、指定した段落の後ろ・指定数段落がない場合は最終段落
9、指定した画像の後ろ・キャプションがあればキャプションの後にする

になります。

設定方法が分かる方は、自分でお好みで設定して下さい。

AdSense Plugin WP QUADSプラグインのおすすめ設定方法

サイトにより、最適な設定は異なります。設定後にいくつかページを見て微調整してください。

AdSense Plugin WP QUADSプラグインのおすすめ設定方法

まず、広告数は、6くらいにしてみましょう。

投稿の真ん中に広告を表示します。Middle of Post

投稿の終わりに広告を表示します。End of Post

5段落目の後に、After Paragraph 5 で、チェックなし。

15段落目の後に、After Paragraph 15 で、チェックなし。

25段落目の後に、After Paragraph 25 で、チェックなし。

Visibilityのチェックはすべて外します。
(ホームページやカテゴリ・アーカイブ・タグページでは広告が貼ってあると離脱率が高まる危険性があるからです)

PostTypesは、post(投稿)のみ残して、page(固定ページ)は×で消します。

Show Quicktag Buttonsのチェックはどちらでも良いです。

「Visibility :」広告の見た目・出現に関する設定

どの場所に広告を設置するかの設定となります。
Homepage・カテゴリー・アーカイブ・タグ・・・これら全て
ホームページの広告ウィジェットを無効化する
ワードプレスに記録されているユーザーには、広告を表示させない

Post Types

投稿(post)なのか、固定ページ(page)なのかを選びます。

おすすめは投稿(post)を残します。

固定ページ(page)は、お問い合わせや自己紹介などなので、
あまり広告を表示するのは良くないと思うからです。

「Quicktags :」クイックタグボタンをHTMLエディターに表示にするか非表示にするか

クイックタグボタンをHTMLモードのパネルに表示するかどうかを選ぶことが出来ます。
チェックを入れると、表示です。取ると非表示になります。

AdSense Plugin WP QUADS PROのメリットは?

PROにすると、

Responsive Ads・・・レスポンシブ対応になる?レスポンシブのアドセンス広告コード使えばよいですよね。
AMP Support・・・AMPに対応なのですが、まだあまり使っているサイトもないのでいらないかな。
Automatic Mode・・・自動モード?何が自動になるかわからないですよね。
High Performance・・・高いパフォーマンスを得られるようです。何か統計を取ったり最適化アドバイスくれるのでしょうかね?
Multi Margin Option・・・マージンをマルチにできるオプション。広告の上下左右マージンを自由に設定できるのでしょうか。
Visibility Conditionals・・・可視化条件という意味ですが、色々データが見えるようになるのでしょうかね?

になるそうです。

17/6/14現在、1ユーロ120円程度です
PROの値段・価格は

1サイト1年で49ユーロ(約6000円)
5サイト1年で89ユーロ(約11000円)
無制限サイト1年で199ユーロ(約24000円)
無制限サイトずっとで449ユーロ(約54000円)

とのこと。

一応30日のトライアルがあるらしいので、気になる方は試してみても良いかもですが。。

よほど気に入ってメリットがないと有料オプション・PROはいらないですよね。

以上、AdSense Plugin WP QUADS(旧Quick Adsense)の使い方と設定方法の解説でした。