ワードプレスブログの初期設定2プラグインや問合せフォーム、メニュー等

ワードプレスサイト・ブログの初期設定その2です。
プラグインや問合せフォーム・サイトマップの作成などの設定を行っていきます。

あまり深く考えずに、指示通りにやっていきましょう。

本記事で行うことは?

基本的な設定は終わっているので、

★アクセス解析、SEO対策、セキュリティー対策等のプラグインのインストール
★Broken Link Checkerの停止・再有効化
★問い合わせフォーム用プラグインのインストールと有効化
★よく使うタグを登録するプラグインの設定
★見出し一覧作成用プラグインの設定
★問い合わせフォーム用プラグインの設定
★サイトマップ作成用プラグインの設定

を行います。

では、順番に見ていきましょう。

ワードプレスのプラグインの追加・インストール

下にある、プラグイン名一覧のプラグインを全てインストールし有効化します。
(もちろん、よくご存じの方は、不要なものは入れないでOKです)

★プラグインのインストール方法はこちら
ワードプレスのプラグインとは?インストール方法と有効化・使い方

★現在、一括インストールプラグインは、約4つ失敗するので、一つずつ手動で入れる方法をおすすめします。

もし、Multi Plugin Installerというリストから一括でインストールできる便利なプラグインを使いたい方はこちら
MultiPluginInstallerダウンロードと使い方~プラグイン一括インストール

一括インストールの場合は、下のリストの、右上のCopyというボタン(右から2番目)
ワードプレスブログの初期設定2~プラグインや問合せフォームの追加・作成等1
を押すと、全選択されますので、
Ctrl-Cまたは、右クリックのコピーにてコピーして、MultiPluginInstallerプラグインのフォームに貼り付けてください。

(Quick Adsenseは、AdSense Plugin WP QUADSに変更となりました)

上手くコピペできない方はこちら

AddQuicktag
Auto Post Thumbnail
BackWPup
EWWW Image Optimizer
Google XML Sitemaps
PS Auto Sitemap
PubSubHubbub
Slimstat Analytics
Table of Contents Plus
Throws SPAM Away
TinyMCE Advanced
WordPress Popular Posts
Broken Link Checker
Contact Form 7
Google XML Sitemaps
AdSense Plugin WP QUADS

一括プラグインで失敗したプラグインのインストールと、プラグインの設定方法

一括プラグインで失敗したプラグインは一つずつ手動インストールが必要です。
また、プラグインは設定が必要なものがあります。

ブログ・サイトの記事書きを快適に行っていくための設定を行っていきましょう。

インストールに失敗したプラグインの停止・有効化

2017/6/21現在、下記4つのプラグインがインストール・有効化に失敗します。

Broken Link Checker
Contact Form 7
Google XML Sitemaps
AdSense Plugin WP QUADS

これらは、一つずつ手動でインストール・有効化してください。

AddQuicktagの設定方法

AddQuicktagに、よく使うタグをインポート(設定を入れる)します。

1、こちらから設定ファイルをダウンロードします「addquicktag.*******.json」

ファイルのダウンロード

設定>AddQuicktag>インポートの「参照」ボタンで、設定ファイル「addquicktag.*******.json」を読み込み、
ファイルのアップロード・インポート」ボタンを押します。

設定ファイル「addquicktag.*******.json」を読み込み、ファイルのアップロード・インポート

Table of Contents Plusの設定方法

設定>TOC+から、
「表示条件を2」に、
上級者向けの右の「表示」を押し、
見出しレベル「heading 1 – h1」のチェックをはずします。

Table of Contents Plusの設定方法

Contact Form 7の設定方法

お問い合わせ>新規追加を押して出てくる画面の
コンタクトフォームを追加の下に
「 お問い合わせはこちらへ 」と入力し
下にある「保存」ボタンを押します。

Contact Form 7の設定方法

コンタクトフォームが作成されました。と表示されたら、
・・・
このショートコードをコピーして・・・
の下にある、

[contact-form-* id=”**” title=”お問い合わせはこちらへ”]

の部分をコピーしてください。(ID部分は人それぞれです。上のコードは使えません)

Contact Form 7の設定方法2

左メニューの
固定ページ>新規追加を押し、

メディアを追加」ボタンのだいぶ右のほうにある、ビジュアル・テキストのうち、
テキスト」を選びます。

そして、下にある、大きな投稿フォームに、
先程コピーした、コードをはり付けます。

Contact Form 7の設定方法3

その前の行に「お問い合わせはこちらにお願いします。」等と書いてもOKです。

例:(↓これをコピーしても使えません。)

お問い合わせはこちらにお願いします。
[contact-form-* id=”**” title=”お問い合わせはこちらへ”]

そして、ページ上の方にあります、
新規固定ページを追加の下の、「ここにタイトルを入力」部分に、
お問い合わせはこちらへ
と入力します。

(こちらはやってもやらなくても大丈夫です)
入力欄以外の部分をカチっとクリックすると、
タイトルの下に、「パーマリンク:http://****.com/お問い合わせはこちらへ」
が出現しますので、「編集」ボタンを押して、
アドレス部分を「otoiawase」に変更します。
問い合わせフォームのパーマリンクアドレス変更

公開」ボタンを押します。

これで、お問い合わせフォームの作成が完了です。

PS Auto Sitemapの設定方法

左メニューの
固定ページ>新規追加
新規固定ページを追加の下、「ここにタイトルを入力」部分に
サイトマップ
と入力します。

次に、
メディアを追加」ボタンの右にある、
必ず、「テキスト」を押してから、

をコピーしてはり付け、「公開」ボタンを押します。

PS Auto Sitemapの設定方法1

そのあと、ブラウザの上のアドレスバーにカーソルをあわせて、キーボードの左右ボタン←→で、
post=の後ろの数字を見つけて、覚えておくかコピーします。
例:http://ドメイン名/wp-admin/post.php?post=ここの数字&action=edit

PS Auto Sitemapの設定方法1

PS Auto Sitemapの設定方法2
設定>PS Auto Sitemapの、
サイトマップを表示する記事
の下に先程の数字を入力し、「変更」を保存ボタンを押します。

これで、サイトマップページの作成が完了です。


お疲れ様でした。

一度、ワードプレス管理画面上部の「家マーク・サイト名」にカーソルを合わせ、
「サイトを表示」を押してみて、現在の状況を確認してみましょう。

「メーターマーク・サイト名」にカーソルを合わせ、「ダッシュボード」で
再び管理画面に戻ってこられます。


では、次は、メニューの作成、ウィジェット設定をしていきましょう。
ワードプレスブログの初期設定3~メニューとウィジェットの追加・編集
きよひこのアフィリエイト~無料メルマガ講座
年収100万円稼ぐノウハウが身に着く!
きよひこメルマガ講座登録はこちら
お名前(ニックネーム可):
メールアドレス: